断捨離のような事して考えた事

断捨離のような事して考えた事

この2ヶ月ほど自宅の整理をしていて考えた事は、「いつか使うかも」と思って保管していた物の7割がたは、使わず場所を取っていただけだった。

断捨離について深く学んだわけではないが、万が一自分に何かあったら、きっと家族に余計な仕事を残すかも。と思い不要と思われる物の整理を始めました。

思い切って、捨てると決めるとどんどん捨てるものが増え、休日は朝からアレもコレも整理がとまらず、押し入れやクローゼットに隙間が出来ると達成感があるのは不思議です。

今日の整理は、飲まない薬やサプリメント。

日付を見たら5年くらいだったお薬がたくさん出てきました。

次は、靴入れ、靴下、タオル類。

次の難関は、冷蔵庫です。
もう20年以上世話になっている冷蔵庫
そろそろ買い替えか?

次に買う時は、あまり大きくないのが良いのか、はたまた今のサイズが良いのか?

断捨離の境地になるのはまだまだ先のように感じますが、これから修行に励みます。

令和になって、働き方改革や諸々の問題がありますが、これらも社内の仕組みや、仕事の進め方仕組みを断捨離する機会かもと、ふと思いました。
https://5kousan.com/

  • ブックマーク

この記事を書いた人

高 妃希

高 妃希

金沢大好き 美味しいもの大好き いつもワクワクしてます! (発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

詳しいプロフィールはこちら