今年一番の大きな挑戦を体験して気づいたこと

今年は、いつもの年より日が過ぎるのが早いです。一月の末にタイへ出かけて、帰ってきたら新型コロナの感染が始まり、2月から3月は社内でweb環境との格闘!
桜の咲く頃も、お花見気分にもなれず!

アット言う間に猛暑が過ぎ、秋が来て、もう冬が始まりそうです。

そんな中、無謀ともいえる大きなチャレンジに挑みました。

チャレンジの目的は、明るく元気な社快人(しゃかいじん)を増やしたい!
そして毎日ワクワクして仕事や勉強にチャレンジする人を応援していく。

それは、スーパープレイントレーニング1級コーチ資格試験です。

10月27日に総仕上げの試験があり、ひと段落ですが、まだ油断禁物です。

半年あまり、SBTの勉強をし続けて多くの、気づきを得ました。
そしてかけがえのない、仲間もできました。

多くの友人や、仲間達、会社のメンバー、沢山の方々が、無謀とも思えるチャレンジを応援してくれました。

これまで、いろんな資格にチャレンジしましたが、なかなか手強い試験です。
勉強してもしても追いつかず、あの手この手で勉強しました。

試験が終わって、合否はどうでもよくなり。
それより学び続けた事で、自分自身の脳内が変わった事を実感したのが大きな収穫でした。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

高 妃希

金沢大好き 美味しいもの大好き いつもワクワクしてます! (発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

詳しいプロフィールはこちら