プレジデント7月17日号は心の整え方が分かる

愛読している「プレジデント」7月17日号のタイトルは、
どん底は続かない。かならず良くなる「悩まない練習」
いまだに終息しない、新型コロナに世界中が翻弄し、思いもよらない「まさかの坂」という大きな壁の前で右往してます。

気持ちが下がり、暗くて嫌なニュースばかり。

とは言っても生きていかなくてはなりません。
私は、今回このタイトルにホッとして本を手に取り、寝室に置いて毎日読んでいます。

景気は、気持ちの持ちよう、思考も大きく影響しています。気持ちを楽にして小さい事にクヨクヨしない!ワクワクする事をイメージする。

辛い時は腹式呼吸で瞑想する。セロトニンが出るよう、背筋を伸ばす、頭から足までしっかり伸ばす。などなどいろんなことを実践してます

今回の記事は全て興味深いものが多く、とくに
「うんのいい人はなぜ運がいいのか」2003人に調査!
調査結果が書かれてます。

感想は、お参りに行く人、人間関係を大切にすること…でした。

人間生まれてきたらかならず亡くなるのは決まってます。

生きている間は少しでも楽しい気持ちで誰かの役に立てる人でいたいものです。

どん底は続かない。必ず良くなる。「悩まない」練習(プレジデント2020年7/17号) [雑誌]

  • ブックマーク

この記事を書いた人

高 妃希

高 妃希

金沢大好き 美味しいもの大好き いつもワクワクしてます! (発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

詳しいプロフィールはこちら