内館牧子さんの「今度生まれたら」を手にしました。たまには小説を読まないと

読んで好かった本を紹介します。

いつもビジネス書や人材育成の本ばかり読んでいるので、昨日は気分を変えてこんな本読んでみました。

内館牧子さんの「今度生まれたら」

タイトルに惹かれて、読み始めると、遠い昔の会社員だった頃の思い出が甦り。

なかなか熾烈な内容に、頷いたり、笑ったり、そんな事ありか?

そんなこんなを考えながら、結構楽しく一気に読んでしまいました。

主人公の毒舌は、凄く共感するところがあり、なんかスカーッとしましたよ。

読んでいて、我が妹と話しているような気がして仕方なかったのです。

人生100年時代と言いますが、毎日元気で自分のこと出来て、自律し続けられる人は少ないはず。

今東光という偉い宗教家が、「今生きている毎日は冥土までの暇つぶし」とか言ってましが。

高度成長期に、第一線で働いた時代との価値観と、現在では環境も価値観も大きく変化してます。

まだまだ現役で経営者をしている自分にとって、この先10年で自分を取りまく環境がどう変化し、どんな価値観を持って生きてるか?

何時もと違う観点で、人生について考える良い機会でした。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

高 妃希

金沢大好き 美味しいもの大好き いつもワクワクしてます! (発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

詳しいプロフィールはこちら